私の父親は、大手企業の専務をしていることもあって、スペックの高い男性を紹介しようとしてきます。
色々な手間も省けますし、最初から父親が賛成してくれている相手なので、それなりの学歴に地位のある方であることは確かだと思います。
でも、親に決められた出会いというのに、どうも引っかかるところがありました。

でも、そんなことも言っていられないと思い、35歳を迎える頃に婚活で、父に誰か紹介して欲しいと頼みました。
父は、私がやっと結婚に向けて本腰を入れたと大喜びしていました。

紹介して欲しいとは言ったものの、あまり乗り気になれなかった私は、実際に会うことになっていた当日は、憂鬱な気持ちでした。着物を着て、まさにお見合いという感じでした。

そして、その相手に会った瞬間、私はルックスが好みだったので、一瞬で恋に落ちました。
しかも、いわゆる3高とくれば文句もありません。父のサポートもあって、彼とは順調に交際をしています。
父に感謝せねばと思っています。